北丘自動車学校で運転免許を取得|人気の観光合宿に参加する

車の模型

免許の種類

クルーザー

周囲を海で囲まれている日本では、船舶免許を取得して仕事をしたり、プライベートを充実させたりしています。現在は目的に合わせて、取得する免許の種類を選べるようになっています。主に海のレジャーで使用される水上オートバイ専用の免許もあります。夏になると海で楽しむ人が多くなります。そのため、ただ泳ぐだけではなく、水上オートバイを運転してスピード感を楽しむ人もいます。また、マリンレジャーを経営している人は観光客のためにバナナボートが必要です。マリンスポーツの定番のバナナボートですが、バナナボートを引っ張るためにも水上オートバイを所有しないといけません。そのため、多くの人が水上オートバイの船舶免許を取得しています。

また、釣りやクルージングを楽しむためにも小型船舶免許がないと船を操縦することができません。漁師はもちろんですが、趣味で釣りを楽しんでいる人もいます。小型船舶免許を取得していると、沖に出て普段は釣ることができない大物を狙うことができます。小型船舶は1級と2級に分かれていて、1級は大きさが20トン未満もしくは長さ24m未満と設定されています。そして、1級の場合は移動範囲に制限がなくどこまでも行くことができます。2級は大きさや長さは1級とは変わりません。しかし、移動範囲に制限があります。海岸から9km以内の範囲しか行くことができません。1級も2級も水上オートバイは操縦することができないので、操縦する場合は特殊船舶免許を取得してください。